家作り、時々、子育て

初めての家作りや初めての子育て。誰も教えてくれないけど大切なこと。人と比べず情報に翻弄されず。経験をシェアすることで誰かの役に立つかもしれない。

フランスへ出発!と思いきやの大パニック!!

夜の22時半、成田発のターキッシュエアラインズに乗るため、20時ちょっと過ぎに成田空港に到着した私たち。じじ・ばばが空港まで車で送ってきてくれたからちょっとゆっくりして、21時ちょっと過ぎにお別れした。そこからトイレを済ませて出国審査に向かう途中、たまたま出発時刻表のテレビ画面が目に入った私。何の気なしに自分たちの便を目で追うと、出発時刻が21時25分となってる!!??

その時の時間は何と…21時21分!!!!!!え、そんな訳ないと思いつつ急ぎ足で出国審査へ向かうと、

「ずっとアナウンスで探してたんです。急いで下さい!」と。

 

促さられるまま急いで出国審査を済ませ、走り出した私たち。どんどん増えて行くスタッフ。これはちょっと緊急事態!?と思ってる矢先、スタッフの一人が

「もう出発ゲートは閉まってます。もしかしたら間に合わないかも。そしたらごめんなさい。でも、とにかく今は急ぎましょう」
と。

え!!!???間に合わない!!!!????そんなことないでしょ。。と思った瞬間「嘘でしょ…」と心の声が言葉になる。

 

大きなリュックを背負い15㎏あるメイを抱っこし猛ダッシュする。「どうか間に合いますように。。」キキもその場の緊張する空気を読んでこわばった顔で必死に大人たちの後を追う。「もし飛行機が行っちゃってたら…」そんな思いをかき消しながら必死に走るも、出発ゲートは遠く息が切れる。ぜいぜい言いながらようやくゲートにたどり着くと…、

飛行機が見えた!まだ出発してない!!

 

チケットとパスポートを手渡しチェックしてもらうと、急いで急いでと飛行機の中へ。全員座席につきシートベルト装備。頭上の荷物入れのドアも全て閉じられ、離陸準備完了のまま、私たちを少しの間待っていてくれた。

息が切れて青ざめた顔のまま席に着くと、すぐさま飛行機が動き出した。

 

「はぁぁぁぁぁぁ……」
大きな安堵のため息。本当に本当に乗れて良かった。あと1分でも遅かったら飛行機に乗り遅れていたことは間違いない。そしたらのんびり長期休暇への旅が一瞬にして悪夢と化するところだった。

 

皆さん、飛行機の出発時刻の確認は当日必ずして下さいね。
背筋が凍った出発前の大パニックでした。

【スポンサーリンク】