家作り、時々、子育て

初めての家作りや初めての子育て。誰も教えてくれないけど大切なこと。人と比べず情報に翻弄されず。経験をシェアすることで誰かの役に立つかもしれない。

4歳☆初めての映画鑑賞!”しまじろうとにじのオアシス”

さて、1月で4歳になったレレを連れて初めて映画館へ。2歳半のニニも一緒に連れて行こうか迷ったけど、今回はレレと2人の時間を作るために敢えてニニにはお留守番してもらうことに。

 

初めての映画館、ってことでレレも映画がどんなものなのか?そして私はレレが映画鑑賞を楽しめる年なのか?とドキドキわくわく。

映画館に着いてまずはお楽しみのポップコーンを買って席へ。しまじろうが上映されていたのは1番小さいホール。同い年くらいのファミリーばかりで、半数以上が空席だったので少しホッとした。

 

映画が始まると食べる手を止めてスクリーンに釘漬けになる。食べるのが大好きなレレの手が止まるのは本当にめずらしい!入り口で渡された紙のメガホンを片手に、夢中になるレレ。しまじろうが所々、”メガホンをぐるぐる回して応援してね!”など観客に向かって話しけるので、子ども達は一生懸命メガホンを回す。最初は”ママ一緒にやって”と言っていたレレも、後半には一人でやり始めた。

 

6分間の休憩が途中で一回。休憩中もスクリーンには可愛らしい映像が流れていて、待っている子ども達も飽きずに席で待っていられる。アニメーションから人形劇のように途中で変わったり、子どもが飽きないような工夫がたくさんされている。

話はとっても単純で、私たちが見るとこれだけ?と思ってしまいがちな内容ではあるけど、そこは幼児向けなので大人はそれを覚悟の上鑑賞した方がいいかもしれない。それでも起承転結のあるお話に、レレははらはらドキドキ。途中怖くて泣き出しそうになりながらも、一生懸命しまじろうを応援したレレ。

しまじろうのお話に一喜一憂するレレを見て、やっぱり観に来て良かったな~と思った。

 

この内容だったらニニの年でも楽しめる思う。1歳~4歳くらいの子達向けかな?もしかしたら、上の子がいる4歳児には少し幼い内容と思う人もいるかもしれない。でもレレは怖がりでまだまだ幼い部分が多いので、しまじろうは十分に楽しめる内容でした☆

 

同年代のファミリー層で全員が幼い子連れなので、やっぱり初めての映画鑑賞にはもっていこい!中には1歳にならないくらいの子を連れて来ている家族もいたけど、途中で騒いだりせず映画を観てたよ。子供が騒ぎ出しちゃったとしても、みんあお互い様だから迷惑に思う人もいないし、安心して見られる映画なのでまだ映画館に挑戦してないファミリーにはとってもオススメ♪

【スポンサーリンク】