読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家作り、時々、子育て

初めての家作りや初めての子育て。誰も教えてくれないけど大切なこと。人と比べず情報に翻弄されず。経験をシェアすることで誰かの役に立つかもしれない。

お風呂選び★いざ、タカラスタンダードのショールームへ!

実家から車で5分の所にある「タカラスタンダード」のショールームへ行って来た。実際に見てみたかったステンレス製の浴槽を使ったエメロードは、残念ながらカラーステンレスしか展示されていなかったけど、私的には有意義な訪問となった。 

f:id:freemyself:20170210000238j:plain

 

 

案内をしてくれたのは20代の若いお姉さんだった。いろいろと質問する私に一つ一つ丁寧に回答してくれたけど、やっぱりマニュアル通りの対応に少しがっかり。私が聞きたかったエメロードについては詳しくなくて、エメロードに興味があると言っているのに、やたらホーローと人造大理石を勧めてくる当たり、やっぱりショールームのお姉さんは都合良いことしか言わないよね~と内心思う。

まぁそれでも、聞きたかったコトについてはちゃんと回答してくれた部分もある。

①ステンレス浴槽のデメリットは傷がつきやすい事
窓は別売りなので引違窓以外にすることもできるし、オール樹脂サッシにすることも可能

それから床材として使われているタフロアを見てみると、やっぱり今時よくある樹脂製の床よりは断然、磁器タイルのタフロアの方が私好み。掃除もしやすそうだし、何より溝が少ない分そこに汚れが溜まるのも減る気がする。

f:id:freemyself:20170210000420j:plain

 

 

展示されている浴室はほぼ1坪タイプ。でも1つだけ1.25坪の浴室があった。実際に見てみるとやっぱり1.25坪あると広いし、なんか贅沢な感じがする。脱衣所1坪の展示もあって、脱衣所の広さで迷っていたからとても参考になった。1坪じゃ狭いかな~と思ってたけど、1坪あれば十分な広さだと思った。そこに収納をどれだけつけるか、どこにつけるかによるけど、うちの場合は脱衣所1坪でそこに収納は別に場所を確保しているから、脱衣所は1坪でちょうど良いと思った。

 

バスマットと意外と可愛いお絵かきできるマグカップをお土産に、今回の訪問は終了。

エメロードがいいかな、と思っていたけど、アクリル系人造大理石にも心魅かれ始めた。その理由は、傷や水垢がつきにくい事とジャグジーがオプションでつけられる事。マリ君と一緒に要検討ですな。