家作り、時々、子育て

初めての家作りや初めての子育て。誰も教えてくれないけど大切なこと。人と比べず情報に翻弄されず。経験をシェアすることで誰かの役に立つかもしれない。

風邪が原因で目やにが増え、最終的には結膜炎になった話。

2歳のニニはとても風邪をひきやすい。年少のレレが保育園で菌をもって帰ってくれば、1番先に病気になるのはニニ。そしてレレや親の都合で連れ回されなかなか病気が治らないという悪循環。前回のノロウィルスに引き続き、今度は鼻風邪にかかったニニ。

 

風邪をひき始めたのかれこれ2週間くらい前。やっぱりその時も私もマリ君ものどや頭が痛くなり風邪引いたな~と思ってたけど、3・4日で治ったのに、ニニはそこから2週間以上も鼻水・咳が続いている。熱が出ることはなかったしぐったりもしてなかったから、そのうち治るかな~と思ってた。

でも、4日前から始まった突然の大量の目やに拭いても拭いても出てくる黄色く粘っこい目やに。朝起きれば目やにが固まって目が開かない始末。調べてみると緑茶で目を洗うと殺菌作用があると分かり、早速番茶を煮詰めて塩を加え、コットンに浸して目を優しく拭ったり、目やにが出たら麺棒につけて眼球を傷つけないように目やにを取り除く。そうしているうちに、次の日は半日目やにが全然出なくなった。そう思ったのも束の間。その日の午後からまた少し目やにが出始め、今度は充血して来た。病院に連れて行こうか迷ったけど、いろいろと用事が立て込んでて連れて行くことができず。そうこうしてるうちに、左目の白目の充血している部分に、白い出来物ができてしまった。これはやっぱり病院へ連れて行こうと思い、今朝急いでかかりつけ医へ。

診断は、鼻風邪から来る結膜炎。中耳炎にもなってないしのどの炎症もない。ただ鼻水が上手くかめない幼児は、その鼻水が痰のようにからんで夜咳が出たり、それが目の方へいき目やにが増えたり、ニニの様に角膜炎になるケースもあると。

白目が腫れてる(出来物)ので抗生剤の入った目薬を処方される。それから、目だけ治っても肝心の鼻風邪が治らないとまた同じ事を繰り返す可能性もあるため、鼻水・痰・咳を出しやすくする薬も一緒に処方してもらう。(こちらは抗生物質はなし)目がお岩さんの様に腫れてしまったら再度受診するように言われる。症状が回復すればいつでもやめていいとの事。最後に、この角膜炎はうつるのか聞いてみると、今回のようなケースの結膜炎はうつる心配はあまりないとの事。現にレレにも私にもうつっていない。

 

これからクリスマス・大晦日・お正月と楽しい行事が目白押しの季節だし、ここらでいい加減ちゃんと治してあげないと、本当に可哀想だなと思った。自然療法ももちろん大切だけど、時にはきちんとした病院でしっかり病気を治してあげるのも親の勤めだなと実感した今日この頃。

 

【スポンサーリンク】