家作り、時々、子育て

初めての家作りや初めての子育て。誰も教えてくれないけど大切なこと。人と比べず情報に翻弄されず。経験をシェアすることで誰かの役に立つかもしれない。

フランスでの生活

フランスに到着して今日でちょうど1週間。ようやくこっちの生活にも慣れて来た。マリ君のパパとママが住むのは南フランスの山の中。綺麗な川が流れ自然に囲まれた小さな街。暖かい街だと私は思う。私がマリ君と結婚した当時は私の他に日本人を見かけた事はなかったけど、今ではこんな小さな街に日本人が4人。しかもそのうちの一人はお隣さん!1か月前に引っ越してきたその家族は、フランス人の旦那さんに日本人の奥さん、男の子4人兄弟。もう一人は近所でパティシエとして自分のお店を持ってるリーちゃん。現在妊娠5か月!最後の一人は街で1度だけすれ違った事があるだけだからよく知らないけど、小さい子供3人連れてた!

正直、今までフランスに住みたいと思ったことはなかったけど、レレの幼稚園が始まり、日本の教育や社会保障なんかの問題を目の当たりにして、フランスのほうがレレやニニにとって良い環境なのかもしれないと思い始めてたところだった。でもフランスに住むって簡単に言っても不安要素はいっぱいある!

 

その1 フランス語がまだまだ片言 
    ママ友とか近所付き合いは上手にできるかな?ましてや仕事はどうしよう!?

その2 やっぱり日本食が好き
    フランスのご飯も美味しいけど、毎日パンにチーズはちょっと無理

でも日本人が4人!しかもレレとニニと年の近い子供がいる家族がいるってだけで、問題その1はほぼ解決。ましてやお隣さんだし、これは運命的なものを感じる…。となると問題はその2。私は大の和食好き。フランスで売られてる日本米を買って食べてみたけど、やっぱり日本米とは全然違う…。おにぎりも作ってみたけど美味しくない。野菜も大根・れんこん・ごぼう・里芋とか日本代表の根菜類はもちろん売ってない。かぼちゃも栗カボチャみたいに甘くて美味しくないし、サツマイモも全然違う!これは自分で野菜を作れば解決するのかもしれないけど。。でも私も、レレもニニも納豆が大好き!昨日行ったアジアンマーケットで納豆を見つけたけど、何と、日本で安い時は69円とかで売ってる3パック入りのあの納豆が、何と6ユーロ(日本円で約660円)で売られてた!!さすがに納豆にこの値段は出せないわ…。

 

でもその前に、住む場所とお金の問題も。日本人が4人も住んでる!ってだけでもうフランスに住む気になってたけど、現実はまだ日本で家を建てるのも途中だし、マリ君が仕事やめたらフランスで同じだけの給料をもらえる仕事なんて見つけられそうもないし、家だって最初こそはじじ・ばばの家にお世話になったとしても、こどもが大きくなるに連れて自分たちの家が必要になるだろうし…。そう考えると、現実的にはやっぱり日本に住むことになるのかもしれない。

とにかく、今はまず日本で家を完成させること!これが目標。そうしないと他の道も開けないのかもしれない。

 

フランスに住む住まないの話は置いといて。明日は、マリ君のいとこの結婚式。昨日・今日と降り続いた雨もようやく上がり、青空が見えて鳥の声が聞こえ始めてきた。明日は晴れるみたい。明日の結婚式で、レレは指輪を新郎に持っていく大仕事を任されている。恥ずかしがり屋のレレだけど、しっかりできるかちょっと心配。ニニだったら大喜びでやっただろうけど。

 

フランスでの食事は主にパン。たまにお米・パスタ・ジャガイモなどなど。無農薬の野菜も普通の野菜と同じくらいの値段で買えるし、近くのスーパーにはオーガニックのクッキーやパンなんかも売ってる。そう考えると、自然食がまだまだ高い日本はだいぶ遅れているな、と感じる。本来、私たちが食べるべきである体に良い自然食が普通の食品の倍以上の値段で売られている意味が、私にはよく理解できない。そう言った意味では、和食・洋食にとらわれなければ、食べ物自体はフランスの方が良いものを安価に買うことができるのかもしれない。あとは私の好みの問題か…。

【スポンサーリンク】